2013年01月31日

はくさい



image/2013-01-31T00:41:24-1.jpg


何年かぶりに白菜を漬けました。

そこそこ美味しく漬かりました。

そこそこ以上にするには何をしたら良いのかわかりません。





posted by pistachio at 00:43| murmur

2013年01月26日

百匹一首かるた大会

*-*-*-*-*-*-*-*-*- 午前の部 -*-*-*-*-*-*-*-*-*


「昨日かるたをやってきましたよ〜」

「ちょうど学校で俳句の授業をやっていて、センスのない俳句を作っていました〜」


お母さんたちからそんな情報を聞きつつ、始まった子供たちだけの午前の部。


小学生組は作り方がわかるともくもくと個人制作。

2013-01-20_11-20-51_165.jpg


「 両手に花 」どころではなく、お花畑に放り込まれた(笑) 唯一の男の子は

女子の勢いに圧倒され、連れてきてくれたお父さんが帰るのを拒みつづけました。

しかし、あるひとつのかるたを作って、自信がついたのか、お父さま無事釈放。


その記念すべきひとつめのかるたは 「うんち」


さすが、男子。

うんちだいすき。


「このうんちはだれのうんち?」ということで、一句詠むことになりました。



プラレールまいにちして とうもろこしがすきな 〇○くんのうんち まる さんかく しかく



結局、そのかるたの作者のうんちだったようです。

とんでもないけどほほえましい読み札ができあがりました。

(後にこのうんちを取った人はボーナス100点というルールが作られ、彼はダントツ優勝を果たします。)



読み札はやっぱり難しかったようですが


「たこってお寿司屋さんにいるよね?」

「くらげは頭のお花が目印なんだよ!」

「うさぎってどこにいるっけ?」

「かわうそってあざらしに似てるよね」


そんな会話から、読み札もすこしずつできあがりました。

そしてなんとかいくつかできあがり、かるた大会!

ほんとは何度もやると盛り上がるのですが、時間がなくて一回きり。


CIMG5359.JPG

CIMG5371.JPG

やっていくうちにルールは作られていきます。

「机に手を置かない」

「うんちカードを取ったら100点」

「私は年上なので手をしまっておく」

CIMG5360.JPG


CIMG5368.JPG


こどもたちは「いまを生きている」ため、作ったそばから読み札を忘れていて、

自分の作ったものを取れないことも多々あります。


すごいなぁ。


おみやげかるたを完成させて家族で遊んでくれるといいな。

もしもおうちで作ったら、是非教えてください〜!

こちらで紹介したいと思います。



*-*-*-*-*-*-*-*-*- 午後の部 -*-*-*-*-*-*-*-*-*


午後の部は 大人5人と子供2人という優雅な体制。

かと思いきや、恐るべし4歳児ともうすぐ2歳児(かな?)。

ふたりともあふれんばかりの創作意欲。

ペンを持ちたくて仕方がない2歳児と

どうぶつの絵を描くだけでなく、どうぶつ名も、更にはお話まで作ってしまう4歳児。


「このどうぶつはどんなどうぶつ?」と聞くだけで

「一本足で靴下はいてる」
「たくさん羽があって空を見上げる」
「ライオンにはかかせない」

とめどなく言葉が出てくる。

そして、読み札を作ろうと言ったら、書ける文字をひたすらかくため

「おたわた」
「とわかず」
「とわか」
「かわ」

お父さん困りながらも、わが子の作品を崩さぬよう、かるたを仕上げていました!

(そしてちょっとおかしな おとうさんオリジナルかるたも作っていました)

そして2歳児よしくんも大健闘!

「ぺんぺん」と言いながらペンギンを取ったり、「ぽっぽー」と言って鳩を取ったり。

父さん、母さんもはりきってかるたを作ってくれました!

(後に母力作のオラウンターン(ほんとに上手!)を、こどもたちはためらいなく他の動物と間違えおてつき…。)

お昼寝を繰り越して遊んでくれてありがとね。


できあがったところで、ちょうど午前中参加していた姉妹がのぞきに来たので、みんなでかるた大会!

2013-01-20_14-21-01_385.jpg

2013-01-20_14-25-14_458.jpg

どっち?と言わんばかりの視線…。



かるたとりって本当に性格が出ますね。


目でずっと追っているのに手は出さなかったり

だれかが控えめに手をついていても、上から遠慮なく取ったり(笑)


私はこどものころどんなかるたとりをしてたのだろう。

三姉妹真ん中ということもあり、ずるいことしてそうだな(笑)

あ、神経衰弱は得意でした。


兎にも角にも今年も無事かるたとりができました。


一緒に作ってくださったみなさん、ありがとうございました!



コムラアユミ


posted by pistachio at 01:07| みんなのてじな

2013年01月10日

新春!百匹一首かるた大会!

かるた大会.jpg


新春!どうぶつかるた大会開催!

57577(できるだけ)の読み札は下の句にならないと動物の名前が出てこないなぞなぞのようなかるた。

そんなかるたをみんなで作って、できあがったらかるた大会!


親子でわいわい 作るも良し。
こどものリクエストに、ちちははが腕を振るっちゃうも良し。
こどもが描いた絵から一句読むも良し。

せっかくのかるたシーズンなのでみなでぱしぱし「かるた大会」をしましょう!

今回のワークショップから子供のみ参加の時間を設けました。
いつもと違う友達と一緒に作って遊びませんか。


その場で空いていれば、当日参加も可能です。
是非参加!という方は予約していただけると確実です。

今回はかるた大会をより楽しく行えるように時間によってなんとなく対象年齢を分けてみました。
絶対というわけではないので、お気軽にご相談ください。




▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

【日時】1月20日(日)

@10:30〜12:00  子供のみ(6歳から)  定員:6名

A13:00~14:30 親子で参加(4歳くらいまで) 定員:6名

B15:00〜16:30 親子で参加(4歳くらいから) 定員:6名


【場所】駒込霜降り銀座商店街しーちゃんサロン

【参加費】1000円(お家でもかるた作り、かるた大会ができるようにかるたキットのお土産つき。)

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△





posted by pistachio at 23:22| 今月の予定

2013年01月08日

ヘビの年賀状作り

****2日目****

年賀状作り

2012-12-23_14-19-40_555.jpg

「自分のスケッチブック」というのが、とても嬉しかったようで
スケッチに色をつけてきたり、他にもたくさん絵を描いてきた子もいました。

2012-12-26_11-22-15_223.jpg

2012-12-26_11-22-25_986.jpg


ヘビの細かい模様をひとつひとつカッターで切り抜く。

2012-12-23_15-07-13_803.jpg


「あぁ、もうだめだー!疲れた!」と言いながらもがんばる1年生。

saki.jpg

yuki.jpg


へびの模様を糸で作ったり

nono.jpg

おめでとうの文字も苦戦しながら完成!

shigeto.jpg

「背景をデザインした」と。  さすが三年生。

ibuki.jpg

山を背景に。2013が勢いがあって良い!

こんな感じで素敵な年賀状ができあがりました。


そしてスケッチに行かなかった大人も子供もやってくれました!

sora2.jpg

sora3.jpg

pu.jpg

rin.jpg

mami.jpg

2012-12-26_12-42-24_311.jpg




そして私も年が明けてせっせと作り続けています。

2013-01-01_20-21-39_442.jpg




komurayumi

posted by pistachio at 23:33| 小学生と楽しむ

スケッチ遠足@ジャパンスネークセンター

明けましておめでとうございます。

今年の年賀状のためのイベントを行ったにもかかわらず、、、
年賀状がまだ届かないかた、しばしお待ちください。


しかしヘビセンターへのスケッチ遠足、そしてへびの切り絵作り。

たくさんの楽しい年賀状ができあがりました。

****1日目****

ヘビのスケッチ遠足@太田市ジャパンスネークセンター

朝7時の集合でしたが、こどもたちは元気いっぱい。

特急りょうもう2号ではすぐにお菓子タイムが始まり、
スケッチブックに取っ手や鉛筆さしをつけたらみんなヘビを描き始める。

2012-12-22_08-02-53_628.jpg

おきまりの…魔女

PC221640.JPG

スケッチバッグ

2012-12-22_08-51-42_372.jpg

木の上のへび、水の中のヘビ、砂漠のヘビ

PC221643.JPG

筆は止まらない!

PC221652.JPG

着きました!藪塚駅!

寒い…。


田んぼの間の道を子供たちは何故か走る。

2012-12-22_09-34-08_846.jpg

「おとなー!急げー!」と子供たち。


2012-12-22_09-38-04_326.jpg

怪しいヘビセンターに到着。

たくさんのきれいなヘビたち。

PC221672.JPG

PC221673.JPG

PC221681.JPG

PC221714.JPG

PC221719.JPG

PC221721.JPG

(黛氏、写真ありがとです。)



2012-12-22_09-59-43_801.jpg

もくもくとスケッチ。

PC221677.JPG

2012-12-22_10-34-22_434.jpg

2012-12-22_12-57-03_157.jpg

ヘビ、むずかしいです。

とぐろを巻いたヘビは背中の線によって、右腹が見えたり左腹が見えたりするので、描いてみるとムムム。

2012-12-22_13-05-47_718.jpg

見えてるとおりに描く

2012-12-22_10-00-58_617.jpg

ヘビの模様がこういうふうに見えるんだなぁと感心。

2012-12-22_12-53-35_217.jpg

豚を見ながら突如ユニコーンを描きだす。

うこっけいと豚が突然飼育されていました。

2012-12-22_11-41-44_186.jpg

11時からハブの採毒実演&ふれあい

ヘビ博士、エンターテイナーというか大人げないというか
観客をビビらせることに快感を感じている実演ぷり。

大人も子供も油断のできない態度で観覧。



博士、スケッチブックを持った子供の絵を見てひとこと。

「なんとも言えないですね」

博士ー!大人げない!

ほめるところを見つけてくださいよー!と笑いながらつっこんでしまいました。

2012-12-22_11-53-17_392.jpg


「イラストならいいですけどスケッチとはこういうものです」と言いながら

ウロコの名称をひとつずつ説明しながら、ヘビの頭部分の構造を説明してくれました。

PC221698.JPG

ボールペンでヘビをカツカツと叩きながら(笑)



その他にもうろこの数を調整する部分が2か所あることなど、丁寧に説明してくれてありがたかったです。


帰りの電車でも子供たちのお絵かきは続く。

2012-12-22_14-47-26_945.jpg


2012-12-22_15-04-32_23.jpg

お題を出してのお絵かき対決。

大人たちはぐったり、ぐっすり、気持ちよく寝ていました。

さて2日目は賀状作り。



* photo *
黛氏 komurayumi

posted by pistachio at 22:56| 小学生と楽しむ