2011年02月19日

旅する版画

IMGP0572.JPG

パリのケ・ブランリー美術館に飾ってあったイヌイットの絵。

イヌイットの方達の絵や版画や刺繍や彫刻から感じるのは
ほんとにほんとにこの人たちは
自然、動物と共存しているのだなということ。

万博公園の民族博物館で見た熊からも
動物達の生き生きとした感情が伝わってきます。

EPSN0699.jpg



イヌイットの人たちの作品を
見る機会は少ないですが、

どうやら

どうやら

カナダ大使館で

イヌイットの版画展が開かれているようです。

まだ見に行っていませんが、行かねば。

posted by pistachio at 02:32| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: