2012年01月19日

えとえんぴつ



今週の造形教室はドラゴンペンシル、龍の鉛筆作りでした。

まず龍を描きました。

image/2012-01-17T12:10:09-2.JPG

そして木の粉粘土をこねこねしてできあがったのがこちら!


image/2012-01-17T12:10:09-1.JPG

弟君は理想が高いので、途中でうまく作れない龍から離れ、ティラノサウルス鉛筆に変更しました。

このティラノサウルス鉛筆、すごいのです。

t.jpg

まず2つの目とお尻から芯が出ているので、3つの場所から書くことができます。
そんな鉛筆見たことありません。

そして立っているのです。
ペン立ていらず。

さらにはオプションにティラノサウルスが持つことのできるアイテム、肉・骨・卵が!
肉でも字が書けるのです。

すばらしい!


d.jpg

兄君の長い鉛筆も芯を2本上手につなげて、完成。
体が乗り物に変身するおにぎりマンっも作っていました。


******************************************************************


実はお正月にこの鉛筆作り、小1と4歳の姪とも一緒に作りました。

これもまたすごかった

ゆきだるまにさらに体と足がついたぶっとーーい鉛筆でした。

image/2012-01-19T19:43:30-1.JPG


posted by pistachio at 19:54| 造形教室

2012年01月06日

お絵かき時間@南京豆

2011.12.27  冬のお絵かき教室@アトリエ南京豆  一緒に絵を描く人 古郡梨乃さん


テラコッタ.jpg

何に見える?

だれが住んでる?

そんなことばから始まったりのちゃんのお絵かき教室。


私も5歳仲良し3人組に混ざって参加。


なんだろう?


西新宿にありそう

草原にぽつんとある牛舎でもいいな

雪が積もっているのも似合うなぁ


なんて考えていたら、

三人組早くも手を動かしたい様子。


ということでさっそく自由に描いて見ることにしました。

私は鉛筆で描こうかなと思っていたのだけれど
3人は迷いもせず筆を選んだので私も真似して筆に。

IMGP0489.JPG


1番大きい置物の底をふちどった形を顔にして「ママ」完成。

三角錐の置物を鼻に見立てたり

IMGP0486.JPG

2つ使って鬼に見たてたり。

IMGP0492.JPG

丸でかたどっていろんな色に塗り分けたり

画用紙の縁をいろんな色で塗っていったり。


みんなすごい集中力でがががーっと描くこと1時間。


突然、1人の子の集中力が途切れた瞬間、みなの集中も切れる。

さすが、5歳児。

でもよく1時間も描き続けたなぁ。

いろんな色、画材を存分に味わっていました。

その後、描くことには興味がなくなったようなので
絵に合う台紙の色を選んで、糊で貼って、ひとつに束ねて、プチ画集完成〜。

置物から想像して、絵を完成していくというのはまだイメージしにくいようだったけど
圧倒される勢いと集中力にいたく感心した日でした。








posted by pistachio at 23:25| 造形教室

2011年12月26日

ことりのクリスマス〜パーティー編〜

ひと足早いことりのクリスマスパーティー


ふふ、私、サンタ役です。


障子越しに鈴を鳴らしながら、プレゼントを玄関に置くという重大な役目。


まずはじゅんさんのパネルシアターから。みんなくぎづけ


IMGP0474.JPG

みんなが夢中になっているすきにいそいそと部屋を出てサンタはごそごそ準備を。

うっかり鈴を落としてしまい、

「シャリーン!」


完全にフライングをしておおあせりでしたが、だれも気がつかなかったようです。

その後、玄関の気配に気がついた子がお迎えと思い「ママだ!」と叫びみんながママコール。


そこはさすがプロです、じゅんさん。

うまくかわして「サンタさんが来たのかな?あれなんだか聞こえてこない??」


障子越しに緊張しながら鈴を鳴らす私でした。サンタ役無事終了。


IMGP0480.JPG


おもちゃにむらがる子供たち。

IMGP0483.JPG


フルーツマラカスもってみんなで合奏。
(マラカスはサンタさんからのおくりもの!)

いつもはかぶりものをあんなに嫌がる彼もご機嫌に帽子をかぶって熱唱!



そしてごちそう!



IMGP0484.JPG

きれいに赤と緑に彩られたサンドイッチは(撮り損ねた!)

すごい勢いでりんごといちごだけ奪われ(食べ損ねた!)

森のサンドイッチに。


IMGP0485.JPG

りんご怪獣の食べた後


「 サンタさん きたね 」 と何度も嬉しそうに言っていた。

お昼寝の頃には 「 パンダさん きたね 」 になってたけれど、とっても嬉しかったみたい。

絵本、だいすきだもんね、かわいい絵本もたくさんもらえて良かったね。



posted by pistachio at 10:59| 造形教室

ことりのクリスマス〜準備編〜

image/2011-12-21T21:39:48-1.JPG

ことりたち、もくもくとちぎっています。

クリスマスに向けてツリー作り。

1歳、2歳、3歳。

とにかくちぎる子

ひたすら集める子

だれかが集めたものを嬉しそうにばらまく子


できること、したいことはちがうけれど、みなそれぞれに楽しんでいます。


image/2011-12-21T21:39:48-2.jpg

前回作ったモビールのときもそうでした。

パステルを金網でこすって色の粉を作ったり

その粉を真綿につけてのばしたり

真綿や毛糸をスチレンボードに貼りつけたり。

あそびながらみんなでひとつのものを作りました。

お迎えの時に

「ママ。みんなで作ったんだよ」という3歳児。

無言の指さしでアピールする1歳児。

作ったものを飾っておくこと 無理にほめなくても、それだけで十分なんだなぁと感じます。

ちぎったものを体中ボンドまみれになりながらぺたぺた貼りつけ

image/2011-12-26T10:16:52-1.JPG


クリスマスツリー完成!

image/2011-12-26T09:58:59-1.jpg

カップケーキとろうそくを置いてパーティーだ!



posted by pistachio at 10:27| 造形教室

2011年10月19日

かぼちゃとパクチー祭

IMGP0406.JPG

月曜日の出張造形教室。

今日は早めのハローウィン。

かぼちゃランタンに挑戦です。


IMGP0401.JPG

いろんなかぼちゃを用意しましたが、
ぼっちゃんかぼちゃが、いちばん良い硬さでした。
くり抜いた中身も食べることができるのでおすすめです。

お花屋さんで売っている黄色い観賞用のかぼちゃはかなり硬い!
こどもだけで、くり抜くには困難な硬さでした。

IMGP0407.JPG

IMGP0402.JPG

image/2011-10-19T20:54:10-1.JPG


カッターだとちょっと怖いという場合におすすめなのが段ボールカッターです。
指を切る心配はなく、でも段ボールなどは簡単に切れるので、
小さな子供でも手を添えてあげることなく切ることができます。
(大概こどもは自分だけで使いたいのですが、やっぱり見ている大人は不安です。)



IMGP0409.JPG

くり抜いた中身でかぼちゃまんじゅう〜

かぼちゃまんじゅう、笑ってるー


パクチー持参でパクチー料理を!という図々しいリクエストにもなんなりと応えてくれるお母さん。

いつもありがとうございます。

フォーとサラダ、パクチー三昧。おいしかったー。


IMGP0412.JPG

そして締めはどらドンジャラ。

posted by pistachio at 20:56| 造形教室

2011年09月13日

GOLDEN MONKEY

IMGP0034.JPGIMGP0033.JPG

月曜日の出張造形教室。



『 金のサル 』



今日はこの材料から好きなものを作ろう!

というと、猿をぶらさげたいとのこと。


ちょうど良いサイズの木っ端を自分でどんどん見つけて作っていました。

次の週、足でもぶらさがりたいだろうということで、
足も加工してgolden monkeyができあがりました。

光ってます。

ぶらーーん。


そのころ兄はボードゲーム製作中。

IMGP0032.JPG
posted by pistachio at 22:02| Comment(0) | 造形教室

2011年08月30日

正しい判断力とたくましい実践力をもった自主的人間の形成(当時、中学校の教室に貼ってあったなぁ)

IMGP0027.JPG

だいぶ前の話。

この日はマーブリングで暑中見舞いのハガキを作ろうと材料を用意してOさん宅へ。

始めに手順を見せると兄くんも弟くんも興味津々。

さっそく自分達でもやることに。


マーブリングは「そーっとやること」が基本。


絵の具を水の中に落とすのもそーっと。
水面に模様をつけるのもそーーっと。
紙を水面に置くのもそーーっと。
置いた紙を取るのもそーーーっと。


3年生の兄くんは言われれば「そーっと」できる。

しかし5歳の弟くんは「そーっと」がむずかしい。

そして「そーっと」なんかより、まずはとにかく絵の具と水で遊びたい。



(そんなにかきまぜたらいくらたってもマーブリングはできないよぅ)


そんな気持ちでいた私。
しかし、ここはぐっとこらえて、満足いくまで遊んでもらおうと見守ることにした。


弟くんは絵の具を入れるだけじゃ飽き足らず、今度は近くにあったラメ入りの糊を水の中に投入。
ぐるぐるかきまぜてる。水の色が変わること、水の渦を楽しんでいる。

IMGP0028.JPG


あれ、きれい。これいいんじゃない?

そこで紙を水面に置いてみると、きらきらもしっかり紙の上にのり、さらに涼しげに。


ふたりは私が持ってきた材料で自ら楽しみを見つけていたのでした。

彼らがマーブリングのハガキを作りたいのではなく
私が彼らに作らせたかっただけなのでした。


こういうことはよくある。


それに気づいたときにうまく方向転換できるか、
それとももう少し粘って子供の興味の矛先が変わるチャンスを待つか

とっさの判断でその時間が変わってくる。

生死に関わるようなお医者さんの判断とは違うけれど、
この判断の積み重ねで、子供との信頼関係も作られていくと思っている。

うまくいくとほんっと気持ちよい。
間違えるとほんっとへこむ。


この日の2人はマーブリングの暑中見舞いを作ることよりもおもしろい発見をし、
さらに私にも新しいアイディアを与えてくれたのでした。


posted by pistachio at 17:05| Comment(4) | 造形教室

2011年04月01日

2NaHCO3  

image/2011-03-31T12:59:35-1.JPG



2NaHCO3 → Na2CO3 + H2O + CO2

中学校の授業で何度も何度もやった数式。

意味も考えず

「ツナーコさんは なつこさんに変身して つば(水)と息を吐いた」

と覚えていました。

重曹だったんだね。



今週のOさんちのアトリエはバスボム、入浴剤を作りました。

牛乳パックで型を作って
重曹、クエン酸、塩、グリセリンを混ぜて型に入れる。

クエン酸を味見してみんなでひぃーひぃー言いながら作りました。

地震から会ってなかった2人でしたが、
相変わらず元気で変わってなくてほっとしました。

パッケージまでしっかり作って完成です。

ちなみに最初はローズのエッセンシャルオイルを選んだS君でしたが
お母さんの好みを聞いてマンダリンに変えていました。

さすが次男!

posted by pistachio at 21:54| Comment(1) | 造形教室

2011年03月07日

myつりかわ展

image/2011-03-02T10:27:05-4.JPG


先週のOさん宅のアトリエではmyつりかわ展に応募する作品を3人で(私も含む)考えました。

5歳と3年生と三十路のの3人。

優勝者は都電を貸し切ることができます。

優勝した人は他の人を都電貸し切りに招待するという約束を無理やりさせてそれぞれ考えました。

image/2011-03-02T10:27:05-1.JPG  image/2011-03-02T10:27:05-2.JPG  image/2011-03-02T10:27:05-3.JPG





Oさんちの兄3年生は賞品の図書券でコロコロコミック○冊分だー!と張り切って考えていました。
弟5歳は「僕は優勝しなくていい」とわりとクールぎみ。


何はともあれ3人とも年相応の?すばらしいつりかわを考えられたと思います。





posted by pistachio at 19:47| Comment(3) | 造形教室

2011年02月19日

星の形に

image/2011-02-19T21:09:12-2.JPG

星はいつも動いています

ときにはこんなこともいいます

星は星っていうだけでいいといいます

そしたらまた「もうとぶぞ」といいます

そしたらいつも「まわるまわる」と言います

その次は「わあい」といいながら帰ります

星は上をとびはねたらおちます

下におちることもあります

そしたらもう一周して帰ってきます

また海にいきます

海に行ってみつからないようにかくれます

海にいって貝をひろいます

海でふねを見ます

ふねにのります

ふねでおさんぽします

ふねでさかなをつります

また創作教室に来たいです

やめないでください

そしたらまたつづけたいです

やってください

星はいつまでも空から見ています


image/2011-02-19T21:09:12-4.jpg   image/2011-02-19T21:09:12-1.jpg   image/2011-02-19T21:09:12-3.jpg

今日は最後の発表会でした。

子供たちは自分の住みたい星、行ってみたい星を
5ヶ月間かけて作りました。

私はお手伝いで参加していたのですが、

ケーキの塔がシンボルの「うちゅうスイーツ公園」

hatをかぶった紳士的なパンダの体が地球になっている星

くだものならなんでもなる木が生えていて
その実をもいで食べながらブランコに乗ることのできる星

ギミック満載の30近くの星が飾られました。


冒頭の文章はある3年生のある男の子が
自分の星について書いた作文です。

こういうものに出会える度に
あぁ楽しいなぁ
やってよかったなぁ
と思います。




posted by pistachio at 22:13| Comment(2) | 造形教室